== ユウコ ==

揺れる気品-ユウコ-④

『あっ・・・』

男の舌が、会陰と膣の入り口の間、ワレメの底に触れた時、
小さい声がユウコの口から漏れた。

微かに動く舌の先端が、ユウコのワレメの底で蠢めいている。男は舌の先で感じる滑りにユウコの感度の高さを確信していた。

『ううぅん・・・』

一瞬、ユウコの腿の締め付けが緩んだように思えた。
次の瞬間、少しずれたユウコの女性器は、男の鼻まで飲み込む。

男は、息の出来なくなった状況の中、舌を引き寄せるとユウコの膣口に舌を押し付けた。
穴を拡げようと弄る舌は、蛸の足のように蠢きユウコの中に入り込もうとしている。

『あぁぁ・・』

ユウコの声が、艶色に変わり始めていた。
男は、息の出来ない中、ユウコの発する若い女の濃厚なニオイに朦朧としながら、舌を細くして膣口を刺激していく。

『ううぁあ、うぅぅ、何・・・』

男の不自由な舌が、ユウコにとっては歯痒く感じられ、ユウコの神経は膣口に集まって行く。
感度が高まるユウコは、刺激に負けないと腿をしっかりと締め付けていた。

その時、堪りかねた男が隙間を見つけ、大きく息を吐き出した。

『あっっああぁぁ・・・』

熱い息が、ユウコのワレメを吹き抜ける。
男の不自由な舌技で感度が高まっていた女性器に強烈な刺激となった熱い息、男は一瞬持ち上がった腰を空かさず下から手と肘でつっかえ棒のように支持し、口の周りに空間を確保した。

ユウコの女性器は既に溢れ出た愛液で妖しく光っていた。
男は、一気に会陰に舌を当てがうと、ワレメの愛液を掻き取るようにズズッと啜りながら膣口、そしてクリトリスまで舐め上げた。

『ひぃぃぃ・・うぅぅ・・・』

男は、そのままクリトリスを口に含み、チュチュと吸いながら、歯で皮を押え、露わにしながら勃起させていく。ユウコは一気に高まる性感の中、痺れるような感覚と小刻みな痙攣を繰り返していた。

『イイ、こんなの初めて・・・』

『ユウコさん、死ぬかと思ったよ・・』

男は、一度、クリトリスから口を離し、ユウコの様子を確認し、
もう一度、ユウコの女性器を、今度はじっくりと見るところから始めた。

濡れて妖しく光る女性器は、感度の高まりと共に朱みを帯びている。
ただ、男は、濡れて少し口を開き、先端だけではあるが色の変わっているヒダに、年頃の淫猥さも感じていた。

『どうしたんですか?』

刺激の止まった股間を覗き込み、堪らずユウコは男に尋ねた。



スポンサーサイト



┃ テーマ:大人の恋愛 ━ ジャンル:恋愛

┗ Comment:0 ━ 10:51:14 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next